スポンサーリンク

フリーアプリに潜む恐怖について出来るだけ簡単に教えます。

フリーのアプリについて日頃から注意している当人ですが、今回通信量を分かりやすく表示できそうなアプリを探していたところ怪しいアプリを発見しました。

フリーのアプリについて以前にも紹介していますので宜しければこちらもどうぞ。

無料のアプリには理由があるんです。

無料のアプリには、無料の理由があるのです。

無料になっている裏を考えましょう。

見知らぬ人が無料で飲み物などを上げる方はいませんよね?

普通ならなんか怪しいと感じてしまうモノです。

飲み物に何か入っている?と疑ってしまうほどです。

ですがアプリの場合は目に見えるモノではないため警戒を怠ってしまっています。

しかしそれこそが相手の思惑なのです。

その証拠をお見せしましょう。

無料のアプリの裏の裏!

今の無料のアプリは人気や評価だけでは判断がつきにくいです。

なので一番確実に判断できるポイントを教えます。

それは「アプリの権限」です。

今回はその部分を交えながら紹介します。(アプリ名は伏せています)

・無料のアプリにもレビューはついていますが、意外と高評価です。

・1000万以上のダウンロードに4.5の高評価です!

・利用者が気にしそうなポイントをうまく上げています。

ここまでは私も「なんか良さそうなアプリだなー」なんて思ってましたよ。

しかしここからが肝心です。

Sponsored Links

そこまで「アプリの権限」が必要?

まずは疑問に思うことが大事です。

「アプリの権限」は一般的にそのアプリを使用する上で必要な情報を「取得」できることを指します。

それを念頭に置いたところでこちらを紹介します。

・データ通信量に電話へのアクセス?バイブレーションの制御?

・SDコンテンツの読み取りもあります。写真の読み取りです。

・ネットワークのフルアクセスも付いています。機器のスリープを無効にしてデータを吸い出し続けるっぽいですね。

如何でしたか?通信量を計測するだけでそこまで必要なのか?と思えるモノでしたよね。

もし別にいいんじゃない?と思った方!では必要な「アプリの権限」に写真やLineのデータなどが含まれた場合はどうでしょう?

一度ネットに上がった情報は回収は不可能です。なので意識するように注意しましょう。

ではでは。

スポンサーリンク