【Windows 11】22H2へのアップデート時にトラブル発生

Windows11のアップデートでエラーが発生してしまった時の流れを紹介しています。

エラーの内容は「セットアップを使用してUSBフラッシュドライブにWindowsをインストールすることは出来ません」と「エラーコード 0xc1900201」になります。

目次

アップデート時にエラーとなってしまいました

22H2へのアップデート時にエラーが発生してしまい、スムーズにアップデートすることが出来ず、戸惑ってしまったため、この記事が参考になればと思います。

また、対応方法については下記の記事で紹介しています。

それでは見ていきましょう。

アップデート前のバージョンを確認

  1. バージョンが「21H2」であることを確認
  2. 最新のバージョンは「22H2」がリリースされています。

Windows Updateで確認

  1. Windows Updateで「22H2」へのアップデート案内が表示されることがあります。
  2. 上記の画像ではアップデートの案内が表示されてません。
  3. そのため手動でアップデートを行っていきます。

手動で22H2へアップデート

Windows 11 をダウンロードする | Microsoft
  1. Windows 11 をダウンロードする | Microsoft にアクセスします。
  2. 今すぐダウンロードをクリックします。

Windows11InstallationAssistant.exe

  1. Windows11InstallationAssistant.exe のファイルがダウンロードされます。
  2. ダブルクリックしてファイルの実行をします。

ユーザーアカウント制御

  1. このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?で「はい」をクリックします。

PC正常性チェックアプリを使用して互換性を確認する

  1. PC正常性チェックアプリを使用して互換性を確認するのメッセージが表示されることがあります。
  2. メッセージが表示されたら、「PC正常性チェックアプリを入手する」をクリックします。

WindowsPCHealthCheckSetup.msi

  1. WindowsPCHealthCheckSetup.msi のファイルがダウンロードされます。
  2. ファイルをダブルクリックしてファイルを実行します。

WindowsPC正常性チェックセットアップ

  1. WindowsPC正常性チェックセットアップが実行されます。
  2. 使用許諾契約書に同意しますにチェックして、インストールをクリックします。

正常性チェックアプリのインストール

  1. 完了」をクリックします。

PC正常性チェックアプリ

  1. PC正常性チェックアプリが起動したら、そのまま閉じます。

Windows11インストールアシスタント

  1. 最新の情報に更新をクリックします。

Windows11のインストール

  1. 同意してインストールをクリックします。

Windows11のインストール(ダウンロードからインストール)

  1. ステップ 1/3 ダウンロードしています
  1. ステップ 2/3 ダウンロードの確認
  1. ステップ 3/3 インストール中

Windows11 セットアップ

  1. 更新プログラムをダウンロードしています
  2. インストールアシスタントからセットアップへプログラムが切り替わりました。

問題が発生しました

  1. 問題が発生しましたと表示されてしまいました
  2. やり直すをクリックしても改善しませんでした。

エラーメッセージ

表示されたエラーは「セットアップを使用してUSBフラッシュドライブにWindowsをインストールすることは出来ません」と「エラーコード 0xc1900201」になります。

対応方法については上記「アップデート時にエラーとなってしまいました」へアクセスください。

関連記事リスト

Windows11のネットワーク設定

Windows11のおすすめ設定

Windows11のバックアップにおすすめ

  • URLをコピーしました!
目次