【Windows 11】高速スタートアップを無効にする方法

Windows11の高速スタートアップを無効化する方法を紹介します。

「高速スタートアップ」はパソコンの起動を速くするため、シャットダウン時に現在の状態を保存する機能です。高速起動が可能となりますが、接続している機器が認識しない場合やパソコンが正常に起動しないことがあります。

Windows10 の場合も基本的に同様の設定ですが、よければアクセスください

目次

高速スタートアップ無効化

高速スタートアップを無効化することで認識しなくなったUSB機器や不調になったパソコンが改善することがあります。

今回は一時的に高速スタートアップ無効化する方法と恒久的に設定する方法を紹介します。

高速スタートアップ無効化(一時的)

  1. スタートボタンからシャットダウンを表示します。
  2. シャットダウン時に「Shift クリック」を行います。

高速スタートアップ無効化(恒久的)|コントロールパネル

  1. 検索フォームを起動します。
  2. コントロールと入力します。
  3. 「コントロールパネル」をクリックするかアプリを開くをクリックします。

高速スタートアップ無効化(恒久的)|システムとセキュリティ

  1. コントロールパネルが起動します。
  2. システムとセキュリティをクリックします。

高速スタートアップ無効化(恒久的)|電源オプション

  1. システムとセキュリティが起動します。
  2. 電源オプションをクリックします。

高速スタートアップ無効化(恒久的)|電源ボタンの動作を選択する

  1. 電源オプションが起動します。
  2. 電源ボタンの動作を選択するをクリックします。

高速スタートアップ無効化(恒久的)|現在利用可能ではない設定を変更します

  1. システム設定が起動します。
  2. 現在利用可能ではない設定を変更しますをクリックします。

高速スタートアップ無効化(恒久的)|高速スタートアップを有効にする(推奨)オン

  1. シャットダウン設定の高速スタートアップが変更できるようになります。
  2. チェックが入っている状態はオンです。

高速スタートアップ無効化(恒久的)|高速スタートアップを有効にする(推奨)オフ

  1. 高速スタートアップを有効にする(推奨)をオフにします。

関連記事リスト

Windows11のネットワーク設定

Windows11のおすすめ設定

Windows11のバックアップにおすすめ

  • URLをコピーしました!
目次