\\ Amazon パソコン・周辺機器の売れ筋ランキング はこちらへ //

Windows 11高速スタートアップ無効化方法:トラブル解消と快適PC利用のポイント

Windows 11高速スタートアップ無効化方法

Windows 11の高速スタートアップを無効にする方法について説明します。高速スタートアップは、パソコンの起動を迅速にするために使用されますが、一部の機器の認識問題や正常な起動に影響を及ぼす可能性があります。

この記事では、高速スタートアップを一時的に無効化する方法と、恒久的に設定する方法を紹介します。

目次

高速スタートアップの影響

高速スタートアップは、パソコンの起動時間を短縮する機能ですが、一部のハードウェアや周辺機器が正しく認識されない場合や、パソコンの正常な起動に支障をきたすことがあります。

これにより、特にUSB機器の動作に問題が生じることがあります。

高速スタートアップを無効にする方法

2.1. 一時的な無効化方法

一時的な無効化方法
  1. スタートボタンをクリックし、シャットダウンメニューを表示します。
  2. 「Shift」キーを押しながら「クリック」を行い、高速スタートアップを無効にした状態でシャットダウンします。

2.2. 恒久的な無効化方法

2.2.1. コントロールパネルからの設定変更

コントロールパネルからの設定変更
  1. 検索フォームを開き、「コントロールパネル」と入力します。
  2. 「コントロールパネル」をクリックして開きます。

2.2.2. システムとセキュリティからの設定変更

1.システムとセキュリティからの設定変更
2.システムとセキュリティからの設定変更
  1. コントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」をクリックします。
  2. 「電源オプション」を選択します。

2.2.3. 電源オプションからの設定変更

1.電源オプションからの設定変更
2.電源オプションからの設定変更
  1. 電源オプション画面で、「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
  2. 「高速スタートアップを有効にする (推奨)」のチェックを外し、「変更を保存」します。

高速スタートアップを有効にする (推奨)」のチェックが外せない場合は以下の「2.2.4. 現在利用可能ではない設定の変更」を実行してください。

2.2.4. 現在利用可能ではない設定の変更

1.現在利用可能ではない設定の変更
  1. 「電源ボタンの動作を選択する」の画面で、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
  2. 「高速スタートアップを有効にする (推奨)」のチェックを外し、「変更を保存」します。

2.2.5. 高速スタートアップを有効にする設定の変更

高速スタートアップを有効にする設定の変更
  1. 「変更を保存」して設定を反映させます。
  2. 設定後はパソコンを再起動します。

関連記事リスト

Windows11のレジストリ変更や復元ポイント作成を行っていると、万が一パソコンにトラブルが起きた場合に対応することが可能となります。パソコンの設定やトラブルシューティングに役立ててください。

快適なWindowsの使用を目指して、適切な設定変更を行ってください。

おすすめの周辺機器

バックアップには外付けハードディスクやNASがおすすめです。USBメモリは一時的に保存には向きますが、長期間の保存には向いていません。

まとめ

この記事では、Windows 11の高速スタートアップを無効にする方法について紹介しました。高速スタートアップはパソコンの起動を迅速にする機能ですが、一部の機器の認識問題や正常な起動に影響を与える可能性があります。そのため、必要に応じて高速スタートアップを無効化することが重要です。

一時的な無効化方法と恒久的な無効化方法の手順を詳しく説明しました。恒久的な無効化にはコントロールパネルやシステムとセキュリティから設定を変更する方法があり、必要に応じて調整することが可能です。

高速スタートアップを無効にすることで、USB機器の認識問題や正常なパソコン起動に関連するトラブルを解決する可能性があります。パソコンの安定稼働を求める場合には、適切な設定変更を行い、快適な使用環境を維持しましょう!

ちんあなご

最後までお読みいただきありがとうございます🎵

  • URLをコピーしました!
目次