\\ Amazon プライムデー 16日、17日セール //

共有フォルダが見えない?Windows11のSMB1.0設定で復活させよう

共有フォルダにアクセスできない

共有フォルダにアクセスできなくなった、見えなくなってしまった場合に「SMB1.0 クライアント」項目を有効にする方法を紹介します。

Windows11にアップグレードして共有フォルダにアクセスできなくなった場合やWindows11のパソコンだけ共有フォルダにアクセスできない場合やみれない場合に確認する項目があります。それは「SMB1.0」です。

Windows11では標準の設定で「SMB1.0 クライアント」が無効になってしまってます。「SMB1.0 クライアント」の規格が古く脆弱性が報告されるためマイクロソフトがセキュリティの観点から「SMB1.0 クライアント」を無効にしています。

そのため共有フォルダが見えない場合やアクセスできない場合は「SMB1.0 クライアント」が無効のため接続できなくなっている可能性があります。

この記事では「SMB1.0」の現在の設定を確認する方法を説明します。それでは見ていきましょう。

chick

Windows10から共有フォルダは見えるんだけど、新しく買ったパソコンから共有フォルダが見えないんだけど…

rabbit

きっとそれは新しく購入したのがWindows11のため「SMB1.0」が無効になっているんだよ!設定を見直してみようよ😊

この記事でわかること
  • 共有フォルダが「SMB1.0」か?
  • 「SMB1.0 クライアント」の有効方法
目次

原因の特定方法

急に共有フォルダにアクセスできなくなってしまった場合に「SMB1.0」が無効になってしまった可能性があります。

「SMB1.0」が原因かどうかの確認方法について紹介します。

STEP
アドレスバー
アドレスバーにIPアドレスを入力する

アドレスバーなどを使って共有フォルダへアクセスしてもアクセスできないことを確認します。

STEP
Windowsターミナル
Windowsターミナルの起動

「Windowsスタートボタン」を右クリックして「Windowsターミナル」をクリックします。

STEP
Windowsターミナルで
ターミナル上でコマンドを入力する

「net use」コマンドを使ってアクセスできるか確認します。「net use \\192.168.XX.XX
安全でないためファイル共有には接続できませんと表示されることを確認します。

「SMB1.0 クライアント」の確認

安全でないためファイル共有には接続できませんと表示される場合は「SMB1.0 クライアント」が無効になってしまった可能性があります。

そのため「SMB1.0 クライアント」の設定項目を確認します。

STEP
Windowsスタートボタン
ファイル名を指定して実行

「Windowsスタートボタン」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

STEP
ファイル名を指定して実行
「ファイル名を指定して実行」で「control」と入力する

control」と入力して「OK」をクリックします。

STEP
コントロールパネル
コントロールパネルが起動する

「プログラムと機能」をクリックします。

STEP
プログラムと機能
プログラムと機能

Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。

STEP
Windowsの機能
Windowsの機能で変更する

SMB 1.0/CIFS クライアント」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

STEP
有効化完了
インストール完了後は再起動する

「Windowsの機能」でインストール完了したら「再起動」を行います。

再起動後に共有フォルダへアクセス可能か確認してください。

rabbit

とても簡単だったね!

おすすめの周辺機器

SMB1.0は古い規格のため、新しいNASなどの導入を検討することをおすすめします。こちらでは人気あるNASを紹介します。

まとめ

共有フォルダへのアクセスできなくなる問題に対処する方法を解説しました。Windows11で「SMB1.0 クライアント」を有効化することで、共有フォルダへのアクセスを回復できます。

また確認手順や設定方法を詳しく説明しましたので、安心して試してみてください。おすすめの周辺機器も紹介しています。共有フォルダのアクセス問題を解決し、スムーズなファイル共有を実現しましょう!

ちんあなご

最後まで読んでいただいてありがとうございます🎵

  • URLをコピーしました!
目次