セカンドPCの「Onda Xiaoma 11」は優秀です!

スポンサーリンク

「Onda Xiaoma 11」とはこれ如何に。

前回の記事の続編となるので、読み飛ばしてしまった方はこちらをどうぞ。

今何かと話題の「Surface Go」ですが、ライバルはiPadだけではなかったのではないですよね?

まず始めに私のおススメ「Onda Xiaoma 11」と比較してみましょう。

価格3万2000円6万4800円
モデルOnda Xiaoma 11 タブレットSurface Go
CPUIntel Apollo Lake Celeron N3450 Quad CorePentium Gold 4415Y(2C/4T、1.6GHz)
GPUIntel HD Graphics 500HD Graphics 615
システムWidows10 HomeWindows10 Home (Sモード)
RAM4GB4GB
ROM64GB eMMC64GB eMMC
画面11.6インチ IPS10インチ
解像度1920 x 10801800×1200
拡張カードMicro SDXC 256GB サポートmicroSDXC
バッテリー約3時間約9時間
重量約850g約522g
OfficeなしOffice Home&Business 2016

如何でしょうか?

え?「Onda Xiaoma 11」より「Surface Go」が良いって?

いえいえ、そんなことありません。その理由を次項で説明しましょう。

もちろん「Surface Go」はおススメだけど。

スペック表をみて「Surface Go」が欲しいと感じた方は、もちろんそのまま「Surface Go」を購入するのが一番だと思います。

Officeは付属だし、バッテリーの持ちも良い、重量も軽いと至れり尽くせりとなっていますので。私も「Surface Go」が欲しいです。

ですが、もう一度考えてみてください。そんなに裕福ではないですよね?

では「Surface Go」を得るために何かを捨てなければいけないとなったらどうですか…。

そうなんです。セカンドPCなのでそれほどスペック重視しなくて良いのです。

無理のない範囲で決めましょうよ。

バッテリーの持ち時間を見ても「Surface Go」が優秀なのは分かりますが、やはり高いですよね。

私も欲しいですがそこがネックになっています。使用頻度の低いセカンドPCにお金をかけられるか…。というところが。

セカンドPCを持つだけでもすこし贅沢に感じるので、できるだけお金かけたくないですよねダヨネェ(oゝД・)b

それに「Surface Go」にも弱いところはありますので紹介したいと思います。

「Surface Go」は完全無欠ではないですよね?

「Surface Go」はタブレットとしては優秀かもしれませんが、値段を考えるとノートPCが購入できそうな価格帯ですし、スペック的にノートPCには劣りますのでセカンドPCとして使用頻度が高くなりそうなら断然ノートPCをおススメしますよ。

それに「Surface Go」のキーボードは少し打ちにくいです。打鍵の感覚がパソコン用キーボードとは違うので最初は違和感があると思います。その上、純正キーボードは高価ですしね。

「Surface Go」の周辺機器高いのもネックです。

その点「Onda Xiaoma 11」は好みのBuletoothキーボードを接続できますし、Windowsタブレットとしては価格も安いです。チープ感がなく見た目も悪くありません。

「Surface Go」より高解像度でモニタサイズも11.6インチと「Surface Go」より少し画面が大きくて見やすいです。CPU、GPU共に「Surface Go」には劣ってますが、ネットやOffice程度の使用なら大差なく問題ありません。

セカンドPCなのである程度は割り切った方が良いです。もちろん「Surface Go」の方がスペック良いのでおススメですが、低価格帯を考えるなら「Onda Xiaoma 11」を選んだほうが幸せかもしれませんよ。

まあなんにせよ、新しいモノを購入する時は選んでいる時が一番楽しいので、大いに悩みましょう。

ではでは。