【Windows 10】のカメラが映らない!原因の確認や対処方法は?

パソコンに問題がある場合のカメラのリセットやカメラへのアクセス許可を含めた解決方法について紹介します。

パソコンのカメラが映らないことがあります。また数日前までは普通に使用していて、急にカメラが映らないことも起こります。

カメラ確認項目
  • エラーメッセージの確認
  • カメラへのアクセス許可の確認
  • セキュリティソフトの確認
  • カメラのリセット

カメラを使う代表的なアプリ「Microsoft Teams」「Google Meet」「Skype」「ZOOM」「Cisco Webex Meetings」「Slack」etc.

カメラが映らない原因はアプリの設定にある場合もありますが、急に映らなくなった場合は「Windows」に問題がある可能性があります。

「Windows」に原因がある場合でも物理的な故障の場合は解決できません。その場合は「USBのWebカメラ」の購入をおススメします。

今回の「Windows」のカメラの説明は「Windows 10」で行っています。

目次

カメラが映らない原因と確認について

Windows PCを使用してカメラが映らないことがありますが、アプリ側か?PC側か?の判断のために、Windows PCのカメラを起動して確認します。

カメラの確認の流れ
  • アプリケーションからカメラの起動
  • カメラアプリが起動してカメラが映る場合はアプリ(TeamsやZOOM)等の設定問題
  • カメラがみつかりません」とエラーメッセージが表示される場合は「物理的な要因」か「Windows」に問題があります。
STEP
カメラの起動

Windowsのスタートボタンをクリックして「か行」からカメラを起動します。

STEP

カメラが映るとアプリ側に問題があります。

STEP

カメラが見つかりません」と表示された場合は「物理的な要因」か「ソフトウェア」の問題が考えられます。

Windows PCのカメラの「物理破損」の場合は下記の手順を行っても解決できませんが、判断材料になるため確認作業を行ってください。

カメラへのアクセス許可の確認

カメラへのアクセス許可設定を確認します。アプリごとにカメラ設定も行えるため一つずつ確認するようにします。

カメラへのアクセス許可の確認
  • Windowsスタートボタンから「設定」を起動
  • 設定メニューから「プライバシー」を起動
  • カメラの設定へアクセス
  • カメラのデバイスへのアクセス許可を確認
  • アプリが許可になっているか確認
STEP
カメラ設定

「スタートボタン」をクリックして、「設定」をクリックします。

STEP

「プライバシー」をクリックします。

STEP

スクロールして「カメラ」をクリックします。

STEP

「このデバイスのカメラへのアクセスを許可する」の「変更」をクリックして、「このデバイスのカメラへのアクセス」が「オン」にします。

STEP

「アプリがカメラにアクセスできるようにする」で「オン」にします。

STEP

スクロールして対象のアプリを「オン」にします。

代表的なアプリ」がカメラへのアクセスが「オン」になっていないとカメラが映りません。

セキュリティソフトの確認

セキュリティソフトでブロックしてしまっていることがあります。そのためセキュリティソフトの確認を行います。

セキュリティソフトによって確認方法が異なりますが参考にしてください。

セキュリティソフトの確認
  • セキュリティソフトを起動して、設定からコンピュータの保護をクリック
  • Webカメラアクセス制御を行っている場合は一時的に無効にしてセキュリティソフトがブロックしていないか確認する
STEP
セキュリティソフトの確認

セキュリティソフトを起動してWebカメラアクセス制御を確認します。
一時的に無効にしてカメラが映るか確認してください。

STEP

セキュリティソフトによって詳細設定などもあります。WEBアクセス制御を無効にしたり、ルールから変更を行ってください。

カメラのリセット(初期化)

カメラが映らない場合に「カメラのリセット」を行うことでカメラ機能がリセットされてカメラが映ることがあります。今回はカメラのリセットの方法を説明します。

カメラのリセット方法
  • Windowsスタートボタンから「設定」を起動
  • 設定メニューから「アプリ」を選択
  • アプリと機能から「カメラ」を選択
  • カメラの詳細オプションから選択
  • カメラの設定画面が起動するのでリセットを行う
STEP
カメラのリセット方法

「設定」より「アプリ」をクリックします。

STEP

「アプリと機能」をクリックして、「カメラ」を確認します。

STEP

「カメラ」をクリックして、「詳細オプション」をクリックします。

STEP

カメラの設定の「リセット」を行います。

STEP

「リセット」をクリックして、「このデバイス上のアプリのデータが、基本設定とサインインの詳細を含めて完全に削除されます」で「リセット」をクリックします。

STEP

リセットが完了すると、「リセット」横にチェックが入ります。

カメラのドライバー再インストール

カメラのドライバー再インストール方法について紹介します。

ソフトウェアの問題でカメラが映らない場合、ドライバー再インストールを行うことでカメラが映り解決することがあります。そのためカメラのドライバー再インストールをお試しください。

セキュリティソフトの確認
  • スタートボタン右クリックからデバイスマネージャーを選択
  • カメラを右クリックしてデバイスのアンインストールを選択
  • アンインストールを行う
  • ハードウェア変更のスキャンを行う
  • パソコンを再起動してカメラの確認を行う
STEP
ドライバー再インストール

スタートボタン」を右クリックして、「デバイスマネージャー」をクリックします。

STEP

「カメラ」内の対象のデバイスをクリックします。※PCによって対象のデバイス名が異なります。

STEP

対象のデバイス名で右クリックして、「デバイスのアンインストール」をクリックします。

STEP

「デバイスのアンインストール」で「アンインストール」をクリックします。

STEP

「デバイスマネージャー」内で「カメラ」のアイコンが無くなったことを確認する。

STEP

「操作」より「ハードウェア変更のスキャン」をクリックします。

STEP

「カメラ」アイコンが表示されたら、パソコンを再起動します。

まとめ

デバイスマネージャーでカメラの対象のデバイスが「」と表示される場合は、ドライバーが上手く適用されないか、カメラが破損している可能性があります。

またデバイスマネージャーでカメラが表示されてない場合は故障している可能性がありますが、「ハードウェア変更のスキャン」を行うことでカメラが表示されることもあります。

また「Windows PC」に搭載しているカメラは故障することが多く、またUSBのWebカメラの方が画質も綺麗でおススメです。

最後に

Windows10で標準では「Avif」ファイルの閲覧ができません。

「Avif」ファイル画像を標準で閲覧するには拡張機能をインストールする必要があります。よければアクセスください。

Windowsのスクリーンショットを簡単に撮る方法を紹介しています。

おすすめはショートカットキーを使った方法です。簡単にスクリーンショット撮ることできるため試してみてください。

  • URLをコピーしました!
目次