スポンサーリンク

パソコンから「iPhone」へ写真をコピーしよう!

iPhoneからパソコンへ写真の転送は割りと簡単にできます。

前回ブログにアップした「Photo Sync」だと自動で写真を転送をすることもできます。

その他にも、iPhoneをライトニングケーブルで接続すると内部のストレージを認識してiPhoneからパソコンへ写真をコピーすることができますね。
※要iTunesインストール済み

ではパソコンからiPhoneへも簡単にと考えてしまいがちですが…同じようにはできません。

そこで必要になるのが「iTunes」となります。

ではこれから「iTunes」を使った写真のコピー方法を紹介します。

「iTunes」で超絶簡単写真のコピー!

先に断っておきますが、写真のコピーに「iTunes」以外は使用していません。

他のサイトではアプリ「iFunBox」などを使って紹介していますが、私は使用していません。

出来るだけシンプルに写真のコピーをしたいので。

まずはiPhoneからパソコンへ写真をコピー。

iPhoneから写真をコピーする方法を紹介します。

iPhoneをパソコンへライトニングケーブルを使って接続すると下記の画像のようになると思います。

Internal Storage内に写真が入ってますので、ダブルクリックをして写真を見つけよう。

次はDCIMフォルダです。

DCIMフォルダは写真が入っているフォルダなのでandroidでも同じフォルダ名が使われたりします。

目的の写真は100APPLE内にあります。もう少しです。

はい。見つかりましたね。

では目的のファイルをコピーすると仮定して「ドラッグ&ドロップ」します。

+ピクチャへコピーと表示されていればコピー可能です。

これがiPhoneからパソコンへ写真をコピーする方法です。

スポンサーリンク

パソコンからiPhoneへ写真をコピー。

では上の通りに「ドラッグ&ドロップ」するとどうなるでしょう?

試してみましょう。〇に╲が入ってコピーが出来ないです。フォルダが書き込み禁止となってますね。

ではどうすればよいか?それでは「iTune」を起動しましょう!そしてiPhoneが認識されているならアイコンをクリックしましょう。

iPhone(iPad)が認識されたら下記画像のように表示されます。もう少しです。

写真タブに移動して写真を同期します。

「写真のコピー元」からフォルダを選択します。するとフォルダ選択用の別窓が起動します。

「写真フォルダの場所を変更」でiPhoneコピー用を選択しました。※私の場合は「iPhoneコピー用」を指定しましたが、ここは好きなフォルダを指定します。

すると「iPhoneコピー用」フォルダ内の1枚の写真が認識されました。さらに適用をクリックすると写真がiPhone内にコピーされます。

そしてiPhone内にコピーされた写真を確認しましょう。こんな感じです。

うまくいきましたね?他にアプリをインストールとかしないので簡単だと思います。

さあ皆さん如何でしたでしょうか?

これで写真の移動を超絶簡単に行えることが出来たはずです。

ほんと簡単でしたね。ではでは。

スポンサーリンク