【Windows11】IPアドレスの変更方法を確認しよう!(有線LAN)

Windows11での有線LANの自動取得(DHCP)の確認方法と自動取得(DHCP)への変更方法や手動設定(IPアドレスの固定)を紹介します。

有線LANの設定を行ってネットに接続できないことなどありませんか?手動での設定を誤るとネット接続できなくなります。もし手動設定後にネット接続できない場合は設定が誤っていることになりますので、ポイント(設定箇所)を紹介します。

また手動設定のメリットとしてはパソコンの管理を行ったり特定のパソコンにだけ権限を与えたりとなります。そのため個人ではあまり使用する機会はありません。

WifiのIPアドレスのDHCPについては下記URLよりアクセスください。

Wifiが表示されない場合は下記URLへアクセスください。

コマンドなどを使ったIPアドレスの確認方法は下記URLへアクセスください。

目次

有線LANの手動設定方法

有線LANの設定のポイントですが、設定するIPアドレスなどを事前に確認するようにしましょう。また手動で設定を行った後に、ネット接続できない場合は慌てずに自動取得(DHCP)に戻しましょう。

STEP
有線LANの手動設定

スタートボタンを右クリックします。

STEP

次に設定をクリックします。

STEP

①「ネットワークとインターネット」をクリックして、②「イーサネット」をクリックします。

STEP

「IP 割り当て」の「編集」をクリックします。

STEP

「IP 設定の編集」から「手動」をクリックします。

STEP

「IP 設定の編集」から「IPv4」を「オン」にして「IPアドレス」「サブネットマスク」「ゲートウェイ」「優先DNS」に設定値を入力して「保存」をクリックします。

STEP

手動の設定を戻す場合は「自動(DHCP)」を選択して「保存」をクリックします。

以上がIP設定の編集から「手動」と「自動(DHCP)」の設定方法となります。

まとめ

上記でも記載しましたが、個人使用でIPアドレスの手動設定をすることはほとんどありません。パソコンの管理を行ったり、特別な設定を行いたいパソコンなどに対して設定を行います。

また手動設定を行うことでネット接続ができない等のトラブルにあうことがあります。個人での使用での場合は「自動(DHCP)」をすることをおススメします。

  • URLをコピーしました!
目次