\\ Amazon パソコン・周辺機器の売れ筋ランキング はこちらへ //

【Windows11】共有フォルダの作成方法!実は簡単にアクセスできる!

共有フォルダの作成方法

Windows11で共有フォルダを作成してもアクセスできないことがありませんか?

cat

言われた通り、共有フォルダ作ったけどアクセスできる?

rabbit

…何も見えないよ

cat

え?おかしいな~これで見えるはずなんだけど…

色々なサイトを参考にしながら共有フォルダを作成した場合に、各サイトで手順やポイントが異なっていてアクセスできないことがあります。

こちらではWindows11に共有フォルダを作成してWindows10/Windows11から共有フォルダにアクセスする確実な方法を紹介します。

注意事項

この共有フォルダの作成および設定プロセスは、あなたのコンピュータおよびネットワークに変更を加える可能性があります。したがって、以下の点に留意してください。

  1. 慎重に操作してください: この手順を実行する前に、大切なデータや設定のバックアップを取ることを強くお勧めします。誤った設定はデータの損失やセキュリティの問題を引き起こす可能性があります。
  2. ネットワーク設定へのアクセス: プライベート ネットワークの設定にアクセスする前に、管理者権限を持つことが必要です。必要な権限を持たない場合、設定変更ができないことがあります。
  3. セキュリティを確保: 共有フォルダにアクセス権を与える際、慎重にユーザー名とパスワードを設定し、他の人にアクセス権を与える際には注意してください。不正なアクセスを防ぐためにセキュリティを確保することが重要です。
  4. Windowsのバージョンに注意: この記事はWindows 11を対象としていますが、Windows 10でも同様の手順が適用される場合があります。ただし、Windowsのバージョンによって設定方法が異なることがありますので、ご自身のOSに合わせて手順を選択してください。
  5. 技術的なサポート: 設定プロセスで問題が発生した場合や、疑問点がある場合は、コンピュータの専門家やテクニカルサポートに相談することをお勧めします。
目次

共有フォルダのポイント

Windows11で共有フォルダを作成する前に、確認すべきポイントがあります。これらのポイントをクリアすることで、スムーズに共有フォルダを設定できます。

  1. プライベート ネットワークの設定
    • 共有フォルダを作成する前に、ネットワーク設定を確認し、プライベート ネットワークに設定してください。これは共有フォルダへのアクセスの基本となります。
  2. 共有アクセス許可(Everyone)
    • 共有フォルダにアクセスできるようにするために、「Everyone」に共有アクセス許可を与えることが必要です。これにより、複数のユーザーがフォルダにアクセスできます。
  3. 共有アクセス ユーザー(ユーザーの作成)
    • 共有フォルダにアクセスするためのユーザーアカウントを作成します。フォルダにアクセスする際、このユーザーアカウントの情報が必要です。ユーザーアカウントの作成は後ほど詳しく説明します。

これらのポイントを確認し、共有フォルダの設定に進みましょう。

プライベート ネットワークの設定

プライベート ネットワークの設定

共有フォルダへのアクセスのポイントは「プライベート ネットワーク」の設定を行うことになります。共有フォルダを作成する前に「プライベート ネットワーク」の設定をします。

「設定」→「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」→「SSID名 プロパティ」を選択すると設定項目が表示されます。パブリックネットワーク(推奨)の場合は「プライベート ネットワーク」へ変更します。

共有フォルダの設定

STEP
共有フォルダ作成前
フォルダ
  1. 共有フォルダを作成する場所を指定します。
STEP
共有フォルダの作成
共有フォルダの作成
  1. 共有用のフォルダを作成します。
  2. ※上記では共有フォルダとしました。
STEP
プロパティ
プロパティ
  1. 共有フォルダを右クリックして「プロパティ」を選択します。
STEP
共有
共有から設定
  1. 共有フォルダのプロパティに移動します。
  2. 「共有」を選択します。
STEP
ネットワークアクセス
ネットワークアクセス
  1. ネットワークアクセスが起動します。
STEP
ユーザー作成
ユーザー作成
  1. 「↓」から新しいユーザーの作成を選択します。
STEP
別のアカウントの管理
別のアカウントの管理
  1. 「別のアカウントの管理」を選択します。
STEP
新しいユーザーを追加
新しいユーザーを追加
  1. 「PC設定で新しいユーザーを追加」を選択します。
STEP
アカウントの追加
アカウントの追加
  1. アカウント→その他のユーザーで「アカウントの追加」を選択します。
STEP
サインイン情報がありません
サインイン情報がありません
  1. このユーザーはどのようにサインインしますか?では「このユーザーのサインイン情報がありません」を選択します。
STEP
アカウントを持たないユーザーを追加する
アカウントを持たないユーザーを追加する
  1. アカウントの作成で「Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する」を選択します。
STEP
このPCのユーザーを作成します
このPCのユーザーを作成します
  1. このPCのユーザーを作成します。
  2. 任意の「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。
STEP
ユーザー名とパスワード
ユーザー名とパスワード
  1. パスワードを忘れた場合の設定を行います。覚えやすい質問やスクショなどを撮るようにしましょう。
  2. パスワードは「12345」などの簡単なパスワードで問題ありません。
STEP
作成したアカウント
作成したアカウント
  1. 作成したアカウントが表示されます。
STEP
共有
再度共有の設定
  1. 共有フォルダのプロパティに戻って「共有」を選択します。
STEP
作成したアカウント
作成したアカウント
  1. 作成した「アカウント」を選択します。
STEP
アカウントの追加
アカウントの追加
  1. 作成した「アカウント」を選んで「追加」を選択します。
STEP
読み取り/書き込み
読み取り/書き込み
  1. 追加したアカウントの「アクセス許可のレベル」を「読み取り/書き込み」に変更します。
STEP
共有
共有をクリック
  1. 「読み取り/書き込み」を確認後は「共有」を選択します。
STEP
ユーザーのフォルダーは共有されています
ユーザーのフォルダーは共有されています
  1. 「ユーザーのフォルダーは共有されています。」と表示されたら完了です。
STEP
ネットワークパス
ネットワークパス
  1. ネットワークパスを使ってアクセスするため「ネットワークパス(N)」を控えます。
rabbit

共有フォルダの設定は完了したよ!

他のパソコンからアクセス

STEP
フォルダ上に
アドレスバーに入力
  1. 他のパソコンのフォルダを起動します。
  2. アドレスバーに上記で控えた「ネットワークパス」を入力して「Enter」を押します。
STEP
ネットワーク資格情報の入力
ネットワーク資格情報の入力
  1. 「Enter」の数秒後ぐらい「ネットワーク資格情報の入力」が表示されます。
  2. 作成した「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。
STEP
ネットワークパス
共有フォルダへアクセス可能に
  1. 共有フォルダへアクセス可能になります。
rabbit

簡単だったね!

まとめ

Windows11の共有フォルダの作成と設定に戸惑うことも多いと思います。また共有フォルダの設定は難しい箇所はなかったと思います。

共有フォルダにアクセスできない場合にはもう一度設定を確認することをおすすめします。

ちんあなご

最後までご覧いただきありがとうございます。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次