\\ Amazon プライムデー 16日、17日セール //

Windows 11タスクバーのカスタマイズ方法:タスクバーサイズ変更のステップガイド

Windows 11のタスクバーサイズ(アイコンサイズ)を変更する方法をご紹介します。タスクバーのサイズ調整は、デスクトップの外観をカスタマイズする上で重要な要素です。さまざまなサイズオプションを使い、タスクバーのアイコンを大きくしたり小さくしたりすることができます。

この記事では、タスクバーのサイズ変更に必要な手順を、わかりやすくステップバイステップで解説します。さらに、レジストリエディターを使用してタスクバーサイズを調整する方法を示します。安全に操作するために、レジストリのバックアップもお忘れなく。

Windows 11を自分好みにカスタマイズして、より快適なデスクトップ環境を手に入れましょう!

目次

タスクバーのサイズ(アイコンサイズ)

タスクバーのアイコンサイズを変更する方法を紹介します。タスクバーのアイコンサイズ変更にはレジストリを操作する必要があります。

レジストリの操作前にバックアップをおすすめします。バックアップ方法は関連記事リストをどうぞ!

タスクバーのサイズ

タスクバーのサイズを(大・中・小)と変更することが可能です。またタスクバーのサイズを変更するとタスクバーにピン留めしたアプリのサイズも変更されます。

※(中)は標準サイズとなります。

それでは設定方法を見ていきましょう。

タスクバーのサイズ変更

タスクバーのサイズ変更にはレジストリの操作が必要です。レジストリエディターの起動から紹介します。

レジストリエディターの起動

  1. 検索フォームを起動します。
  2. 検索フォームにレジストリと入力します。
  3. ②「レジストリエディター(アプリ)」か②「開く」をクリックします。

レジストリエディターの起動(ユーザーアカウント制御)

  1. ユーザーアカウント制御が起動します。
  2. 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」で「はい」をクリックします。

レジストリエディターの起動

  1. レジストリエディターが起動します。

レジストリエディターのパス入力

  1. レジストリエディターにパスを入力します。
  2. HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced
  3. 入力後はEnterを押します。

レジストリファイルの新規作成

  1. 空白の場所で右クリックします。
  2. 新規から「DWORD(32ビット)値(D)」をクリックします。

新規レジストリファイル

  1. 新規のレジストリファイルが作成されます。

レジストリファイル名の変更

  1. レジストリファイル名の変更を行います。
  2. TaskbarSi
  3. 上記ファイル名へ変更してEnterを押して確定します。

レジストリファイルの修正

  1. TaskbarSi」で右クリックします。
  2. 次に修正(M)をクリックします。

レジストリファイルの値のデータ

  1. 下記表を参考に値のデータ(V)を修正します。
  2. 修正後はOKをクリックします。
  3. レジストリエディターを閉じます。
スクロールできます
値のデータ(V)タスクバーのサイズ
0
1中(初期サイズ)
2

レジストリファイルの変更後

レジストリファイルの変更後は設定反映させるためにパソコンの再起動を行います。

レジストリファイルの削除

レジストリファイルが不要になった場合は削除します。

  1. TaskbarSi」で右クリックします。
  2. 削除をクリックします。
  3. 削除後はパソコンを再起動します。

まとめ

この記事では、Windows 11のタスクバーサイズ(アイコンサイズ)を変更する手順を詳しく解説しました。タスクバーのサイズ調整を通じて、デスクトップの外観を自分好みにカスタマイズすることができます。

レジストリエディターを使用してタスクバーサイズを調整する方法を簡単に説明しましたが、操作前にレジストリのバックアップを忘れずに行ってください。バックアップを取ることで、万が一の問題にも対応できる安心感が得られます。

Windows 11をより個性的なデスクトップ環境にカスタマイズして、快適な作業環境を手に入れましょう。自分の好みに合わせてタスクバーを調整し、スムーズな作業をお楽しみください!

おすすめの関連リスト

  • URLをコピーしました!
目次