\\ Amazon プライムデー 16日、17日セール //

【Windows 11】レジストリのエクスポートとインポート:データバックアップと復元の手順

Windows 11は、最新のマイクロソフトのオペレーティングシステムであり、多くの新機能と改善が盛り込まれています。その中でも、レジストリはWindowsシステムの重要な構成情報が保存されている場所です。レジストリの操作を行う際には、データの紛失やシステムの安定性を保つために、エクスポート(バックアップ)とインポート(復元)が非常に重要です。

この記事では、Windows 11のレジストリをエクスポートしてバックアップする方法と、バックアップしたレジストリをインポートしてデータを復元する方法について紹介します。これにより、重要な設定の変更やトラブルが発生した際に、安全にシステムを復元できるようになります。

さらに、レジストリエディターの起動方法から対象のレジストリの選択、エクスポートとインポートの手順まで、詳細なステップをわかりやすく説明します。同時に、ダブルクリックを使用した方法とレジストリエディターを介した方法の両方を解説することで、幅広い読者に対応します。

Windows 11をよりスムーズに運用し、重要なデータを守るために、このエクスポートとインポートのガイドを理解してください。それでは、見ていきましょう。

目次

レジストリのエクスポートとインポート

レジストリの操作をする時にはエクスポート(バックアップ)をおすすめしてます。

エクスポートは簡単なので、忘れずに行うようにしましょう。

レジストリのエクスポート

レジストリエディター起動

  1. 検索フォームに「レジストリ」と入力します。
  2. レジストリエディターをクリックします。

レジストリエディターの起動には②「レジストリエディターアプリ」か②「開く」のいずれかで大丈夫です。

レジストリエディター(ユーザーアカウント制御)

  1. ユーザーアカウント制御
  2. このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?
  3. 「はい」をクリックします。

レジストリエディター

  1. レジストリエディターの起動画面

対象のレジストリ

  1. 対象のレジストリを選択します。

レジストリエディター(エクスポート)

  1. ファイルタブをクリックします。
  2. 次にエクスポートをクリックします。

レジストリファイル(エクスポート)

  1. ファイル名を入力します。
  2. 次に保存をクリックします。

レジストリファイルの確認

  1. レジストリファイルの確認します。

バックアップしたファイルのアイコンは上記のようになっています。

レジストリのインポート

レジストリファイルのインポートには二通り方法があります。一つ目はレジストリファイルを「ダブルクリック」することで、二つ目は「レジストリエディター」からのインポートです。

今回は二通りの方法を紹介します。

レジストリのインポート(ダブルクリック)

  1. インポート対象のレジストリファイルを準備します。
  2. レジストリファイルをダブルクリックします。

ユーザーアカウント制御(ダブルクリック)

  1. ユーザーアカウント制御
  2. このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?
  3. 「はい」をクリックします。

レジストリエディター(ダブルクリック)

  1. レジストリファイルの追加
  2. 続行しますか?
  3. 「はい」をクリックします。

レジストリのインポート(レジストリエディター)

  1. レジストリエディターのファイルタブをクリックします。
  2. 次にインポートをクリックします。

レジストリファイルの選択(レジストリエディター)

  1. レジストリファイルを選択します。
  2. 開くをクリックします。

レジストリファイルのインポート(レジストリエディター)

  1. インポート中の表示されます。

インポートのメッセージ(レジストリエディター)

  1. レジストリファイルのインポート完了のメッセージが表示されます。
  2. 「正常に追加されました。」
  3. と表示されたら完了です。

まとめ

Windows 11のレジストリのエクスポートとインポートについて、重要な手順と注意点を紹介しました。

エクスポート(バックアップ)を行うことで、重要なレジストリ情報を安全に保存し、システムの安定性を保つことができます。また、バックアップしたデータをインポートすることで、必要な時にシステムを正常に復元できます。

レジストリエディターの起動方法や、エクスポートとインポートの手順を丁寧に解説しましたので、初心者の方でも安心して実行できると思います。

重要なシステム設定を行う前に、必ずエクスポートを行い、データをバックアップしておくことをおすすめします。さらに、インポートの際には慎重に確認を行い、問題がないことを確認してください。

Windows 11を快適に使いこなすために、レジストリのエクスポートとインポートの方法をマスターし、大切なデータを守りましょう。安全なコンピュータライフをお楽しみください!

おすすめ関連記事リスト

  • URLをコピーしました!
目次