【Windows11】無償アップグレードの期間はいつまで?対象パソコンの確認方法も!

Windows11への無償アップグレード期間は?いつまでにアップグレードすれば良いか?について紹介しています。

Windows11への無償アップグレード期間はいつまでか?について現在、Windows11への無償アップグレードの期間は設定されてません。

Windows10へ無償アップグレードの場合は1年間と期間設けられてましたが、Windows11へのアップグレード期間が設定されていないため、急いでWindows11へアップデートを行う必要はありません。

Windows11への無償アップグレード期間は設定されてませんが、今後期間を設けれられる可能性はあります。

無料でアップグレードできる期間はいつまで?

対象となるシステムに対する無料アップグレードに特定の終了日は設けていません。しかし、Microsoft は無料アップグレードに対するサポートをいずれ終了する権利を留保します。この終了日が 2022 年 10 月 5 日より前になることはありません。
Windows 11 無償アップグレード方法や条件を解説 | Microsoft

またWindows11への無償アップグレードは「Windows11のシステム要件」を満たしている必要があります。「Windows11のシステム要件」を満たしてない場合はパソコンの交換が必要になる可能性もあります。

Windows10のサポート期限については下記をご確認ください。

目次

「Windows11のシステム要件」の確認

初めに「Windows11のシステム要件」を確認します。

システムの最小要件
プロセッサ1ギガヘルツ(GHz)以上で2コア以上の64ビット互換プロセッサSystem on a Chip (SoC)
メモリ4GB
ストレージ64GB
システムファームウェアUEFI及びSecure Boot 対応
TPMTPMバージョン 2.0
グラフィックカードDirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイの解像度9インチを超える高解像度 (720p) ディスプレイ
インターネット接続「Windows 11 Home」のセットアップには「Microsoft アカウントとインターネット接続」

公開されている「Windows11のシステム要件」だけでは分かりにくいと思います。そのためパソコンの操作で「Windows11への無償アップグレード」に対応しているか確認します。

「Windows11への無償アップグレード」対象かパソコン操作で確認

パソコンの操作で「Windows11への無償アップグレード」対象か確認します。

STEP
「Windows11への無償アップグレード」の確認

「Windowsスタートボタン」をクリックして「設定」をクリックします。

STEP

「更新とセキュリティ」をクリックします。

STEP

「Windows Update」をクリックして画面右側で「最小システム要件」を確認します。
※上記画像例では「Windows11の最小システム要件に満たしていません」と表示されています。

STEP

タスクバーの検索からも確認が行えます。「PC正常性チェック」と検索して「PC正常性チェック」をクリックします。

STEP

「PC正常性チェック」画面の「今すぐチェック」をクリックします。

STEP

Windows11へのアップグレードで満たしていないシステム要件が表示されます。

関連リスト

Windows11のネットワーク設定

Windows11のおすすめ設定

Windows11のバックアップにおすすめ

  • URLをコピーしました!
目次