エクセルでIF関数で空白なら空白表示ではなくセルに色付けで分かりやすくする方法

エクセル(Excel)でIFという関数がありますが、今回はIF関数を使用して「値が空白なら空白」を表示するだけではなく「空白ならセルに色を付ける」方法も説明します。

IF関数は「=if( 論理式 , 真の場合 , 偽の場合 )」という書式を使用します。また偽の場合は掛け算のような通常の式を使用します。今回使用している計算式は「=IF(C4=””,””,C4*D4*$E$1)」となります。

計算式の内容は「もしC4が空白なら空白を表示して、値が入力されてたら計算をする」という式になります。「C4*D4*$E$1」は消費税の計算式となります。

実際に式を組むことで理解もしやすいと思いますので以降の図解に沿って試してみることをおすすめします。

※追記

IFS関数について記載しました。IFS関数の計算式は「=IFS(B4=””,””,C4=””,””,D4=””,””,E4,C4*D4*$E$1)」という式になります。もし○○なら○○を繰り返すイメージです。どれか一つでもチェックに引っかかると空白を返すように式を組みました。

IF関数だけでなく、複数の条件を指定する場合はIFS関数を使ってください。

chick

値が入力されていない時に「0」と表示されるから値が入力されていると勘違いしちゃって…

rabbit

それならIF関数が便利だよ!値が入力されていない空白の時は空白を表示するという風にできるよ!

rabbit

簡単だから早速やってみようよ😊

  1. C4に値が入力されていないためE4が「0」と表示されてます。
  2. C4に値が入力されていないためF4が空白表示しています。
  3. 今回は項目「2」の空白表示する方法を図解で説明しています。
目次

IF関数で空白表示

エクセル(Excel)のIF関数は「もし○○なら○○をする」というような使い方が可能です。今回はIF関数を使用して空白なら空白を表示するという方法と条件付き書式でさらに空白ならセルに色を付けて分かりやすく表示するという内容を紹介します。

IF関数で空白なら空白を表示する

STEP
計算式
  1. 「E列」は税込み計算をイメージして計算式を入れています。
  2. C4の値が入力されていないため「0」と表示されます。
STEP
IF関数
  1. 「F列」は消費税の計算とIF関数を合わせた計算式を入れています。
  2. 計算式:「=IF(C4=””,””,C4*D4*$E$1)」
  3. もし「C4が空白なら空白を表示、値が入力されていたら計算をする」という内容です。
  4. 「””(ダブルクォーテーション)」を並べることで空白を意味してます。
rabbit

思ったよりIF関数簡単だったね😊

セルが空白ならセルに色付けをする

IF関数で空白なら空白を表示することが可能になりましたが、空白セルだと目立たないため、条件付き書式で「空白なら色付きセル」を表示するように設定をします。

条件付き書式で色付け

STEP
条件付き書式
  1. 条件付き書式で色付けを行いたいセル範囲を指定します。
STEP
1.新しいルール
  1. ホームタブの条件付き書式をクリックします。
  2. 次に新しいルールをクリックします。
STEP
2.新しいルール
  1. 指定の値を含むセルだけを書式設定」をクリックします。
STEP
3.新しいルール
  1. 「次のセルのみを書式設定(O):」で空白を選択して書式をクリックします。
STEP
スポンサーリンク
STEP
4.新しいルール
  1. 塗りつぶし」タブをクリックして背景色を選択します。
  2. 最後にOKをクリックします。
STEP
5.新しいルール
  1. 画面遷移後にOKをクリックします。
STEP
1.セルの色付け
  1. 空白セルが色付けされました。
STEP
2.セルの色付け
  1. 最後に他のセルも空白時に色付けされるか確認します。
  2. 色付けされたら完了です。
rabbit

セルの色付けで空白セルが分かりやすくなったね❗

IFS関数で複数条件を指定

IFS関数を使って複数の条件を指定することが可能です。IF関数で「=IF(C4=””,””,C4*D4*$E$1)」という計算式を作りましたが、C4が空白なら空白を返すという、C4の空白のみを確認しています。IFS関数を使うと他の空白セルもチェックすることが可能です。

計算式は「=IFS(B4=””,””,C4=””,””,D4=””,””,E4,C4*D4*$E$1)」となります。それではエクセルを使って説明します。

STEP
IFS関数
  1. IFS関数で「=IFS(」と入力する。
STEP
B4=””
  1. 「B4=””,””」と入力して種類項目が空白かチェックします。
STEP
C4=””
  1. 「C4=””,””」と入力して個数が空白かチェックします。
STEP
D4=””
  1. 「D4=””,””」と入力して価格が空白かチェックします。
STEP
スポンサーリンク
STEP
E4
  1. 「E4」の入力を確認して計算するようにチェックします。
STEP
コピー
  1. 計算式はコピー可能なため他のセルへコピーします。
STEP
種類
  1. IFS関数で複数の項目をチェックしているため、種類項目が空白なため黄色のセルを返しています。
rabbit

複数のセルをチェックするのにIFS関数は便利だね
(◍´◡`◍)

  • URLをコピーしました!
目次