\\ Amazon パソコン・周辺機器の売れ筋ランキング はこちらへ //

iPhoneが水没しても普通に使える?真相と注意点を解説

iPhoneが水没しても普通に使える?

iPhoneが水没した場合、一部の状況では普通に使えることがありますが、必ずしもすべての場合に安全とは言えません。水没しても正常に動作しているように見えるかもしれませんが、内部に水が侵入している可能性があるため、注意が必要です。以下に、iPhoneが水没した場合の対処法や注意点について詳しく説明します。

目次

iPhoneが水没したときの応急処置

iPhoneの水没画像

電源を落とす

iPhoneが水没した場合、まずは速やかに電源を落としましょう。水と電子機器は相性が悪く、電源が入ったままだとショートや故障の原因となる可能性があります。

水分を拭き取り乾燥させる

iPhoneの外部に水滴がついている場合は、柔らかい布やタオルなどで水分を拭き取ります。その後、密閉容器(ジップロックなど)に大きめの乾燥剤と一緒に入れて乾燥させると効果的です。ドライヤーで温風をあてることも慎重に行えば効果がありますが、高温にならないよう注意が必要です。

SIMカードを抜き取る

SIMカードはiPhone内部に水分が入り込むのを防ぐためにも、速やかに取り外しましょう。SIMトレイを開けて、カードを取り出します。

速やかに水没修理に出す

上記の応急処置を行った後でも、内部の水分が完全に乾かない限り、後々に問題が発生する可能性があります。そのため、速やかに修理専門の業者やAppleに相談し、専門家による点検と修理を受けることをおすすめします。

水没したiPhoneの修理依頼先

Appleへ修理依頼

iPhoneが水没した場合、Apple公式サポートに相談して修理を依頼することができます。修理の料金や手続きについては、Apple公式ウェブサイトやカスタマーサポートに問い合わせて詳細を確認しましょう。

ご相談はApple Genius Barからアクセス可能です!

街の修理業者へ依頼する

修理業者は街中にも多く存在し、水没したiPhoneの修理も行っています。しかし、信頼性や技術力には差があるため、口コミや評判を調べて信頼性のある業者を選ぶことが大切です。

水没したiPhoneを使い続けるのはキケンな理由

iPhoneの故障したイメージ画像

突然動かなくなる可能性も

水没したiPhoneが一時的に動作していても、内部の基盤やコンポーネントに水が浸入している場合、突然に動かなくなる可能性があります。症状が遅れて現れることもあるため、慢心せずに早めの対処が重要です。

錆びやショートの原因にも

水と電子機器の結びつきによって、内部のコンポーネントが錆びる恐れやショートが発生する可能性があります。これによって本体が損傷し、正常な動作が困難になることがあります。

水没したiPhoneを普通に使用することは一時的には可能かもしれませんが、長期的な視点で考えるとリスクが高まります。水没の影響が遅れて表れることもあり、データの損失や本体の故障に繋がる可能性があるため、できるだけ早い段階で修理や点検を受けることをおすすめします。

iPhoneの水没を予防するためには?

iPhoneが壊れた画像

iPhoneが水没しないようにするためには、以下の予防策を考えましょう。

iPhone防水アイテムを利用する

防水ケースや袋などのアクセサリを使うことで、iPhoneを水から守ることができます。特に水辺で使用する際は、防水アイテムを利用して安心して使用しましょう。

最新モデルへの機種変更を検討する

最新のiPhoneモデルは防水性能が向上しており、従来のモデルよりも水に強い特性を持っています。機種変更の際には、防水性能の高いモデルを選ぶことで、水没のリスクを軽減できます。

データのバックアップをとっておく

万が一水没などのトラブルが発生した場合に備えて、定期的にデータのバックアップを取ることをおすすめします。iCloudやコンピューターを使ったバックアップを行い、大切なデータを守る手段を確保しましょう。

水没したiPhoneは慎重な対処が必要です。できるだけ早く専門家の指示に従い修理を行い、将来的なトラブルを防ぐよう心がけましょう。

おすすめのアクセサリ

iPhoneが水没した時に、水分をふき取り乾燥させることが重要となります。こちらではジップロック、乾燥剤、ライトニングケーブルを紹介します。

ジップロック フリーザーバッグ M ×45枚

ジップロック フリーザーバッグ M ×45枚

613円(06/22 22:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S

HAKUBA 強力乾燥剤 キングドライ 3パック KMC-33S

601円(06/22 22:45時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

iPhoneが水没しても普通に使えることはありますが、内部に水が侵入するリスクがあり注意が必要です。電源を落とし、水分を拭き取り、乾燥させることが重要となります。

水没後は早めの修理が推奨され、防水対策やデータのバックアップも大切です。慎重な対処と専門家の指示に従うことで将来のトラブルを避けましょう!

ちんあなご

最後までお読みいただきありがとうございます🎵

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次