【Windows11】「Windowsツール」が見当たらない?開く方法は?

Windows11の「Windowsツール」の場所とショートカット方法などを紹介します。

Windows11の「Windowsツール」が見当たらないと探している方いらっしゃいませんか?Windows10では「スタートメニュー」の「Windows管理ツール」や「Windowsシステムツール」の下にあった各種ツールが、Windows 11ではツール類が「Windowsツール」フォルダ内に移動となってます。

そのため「スタート」メニューの「すべてのアプリ」から直接ツールを起動できなくなっていて、ツール類に関しては「Windowsツール」内のフォルダを開かないとわからなかったり、そもそも「Windowsツール」にアプリがあるのか、わかりにくくなってしまいました。

またもしかしたら「Windowsツール」をあまり使用していない方には、それほど不便に感じないため、アプリをまとめて「Windowsツール」として、「すべてのアプリ」内に配置したのかもしれませんね。

目次

Windows11の「Windowsツール」の場所

Windows11から「Windowsツール」の場所がわかりにくくなってしまいました。またWindows10では「スタートメニュー」の「Windowsシステムツール」「Windows管理ツール」「Windowsアクセサリ」などが、Windows11では「スタートメニュー」から見当たらなくなってしまいました。

Windows10の「Windowsシステムツール」「Windows管理ツール」「Windowsアクセサリ」などにあったアプリが、Windows11では「Windowsツール」にいくつか配置されてまして、Windows11では「Windowsツール」を使用する機会が増えるため、「Windowsツール」の場所を紹介します。

STEP
Windows11の「Windowsツール」へのアクセス方法

「スタートメニュー」の「すべてのアプリ」をクリック

STEP
すべてのアプリ

W行の「Windowsツール」をクリック

STEP
Windows11の「Windowsツール」へのアクセス方法

二つ目は「スタートメニュー」横の検索ツールより「ツール」と検索して「Windowsツール」を起動する

STEP
Windows11の「Windowsツール」へのアクセス方法

三つ目キーボードの「Win」+「R」を押下して、「control admintools」と入力、「Enter」もしくは「OK」をクリック

以上がWindows11から「Windowsツール」へのアクセス方法となります。大きく「3パターン」になります。ただし毎回このようにアクセスするのも面倒くさく感じると思いますので、ショートカットの作成方法を紹介します。

「Windowsツール」へのアプリのショートカット作成

Windows11から「Windowsツール」の場所がわかりにくくなってしまいました。そのため上記で「Windowsツール」へのアクセス方法を記載しましたが、アクセス毎、上記手順を踏むのも大変なためショートカット作成も合わせて紹介します。

STEP
「Windowsツール」のショートカット作成

一つ目は「Windowsツール」のアイコンをドラッグ&ドロップでのショートカット作成

STEP
「Windowsツール」のショートカット作成

二つ目は「すべてのアプリ」内の「Windowsツール」をドラッグ&ドロップでショートカット作成

STEP
「Windowsツール」のショートカット作成

三つ目は「Windowsツール」を右クリックして「タスクバーにピン留めする」をクリック

STEP
「Windowsツール」のショートカット作成

四つ目は「すべてのアプリ」内の「Windowsツール」を右クリックして「スタートにピン留めする」をクリック

以上で「Windowsツール」へのアクセス方法と「Windowsツール」のショートカット作成の紹介となります。Windows11からスマートなデザインになったためか、使用頻度の低いアプリなどは表に出ていないように感じます。

関連リスト

Windows11のネットワーク設定

Windows11のおすすめ設定

Windows11のバックアップにおすすめ

  • URLをコピーしました!
目次