\\ Amazon パソコン・周辺機器の売れ筋ランキング はこちらへ //

Windows 11の電源モード(バッテリーモード)の最適な設定方法と注意点

Windows11 バッテリー設定

本記事はWindows11のバッテリーの設定(バッテリー節約機能)を紹介しています。

バッテリー節約機能を使用してバッテリーの持ちを良くなりますが、パフォーマンスが落ちて画面が暗くなります。

バランスが難しいですが、バッテリー持ちの参考になると嬉しいです。

panda

外出先とかでバッテリーが気になる場合はとりあえずバッテリー節約機能をONにすることをおすすめします!

Windows11のバックグラウンドアプリ無効化で動作が軽くなることがあります。よろしければご覧ください。

プロフィール

こんにちは、筆者のちんあなごです🙂

IT業界での経験を通じて得た知識を活かし、エクセルなどのソフトウェア関連のトラブルを解決する方法をお伝えしています。

皆様の作業効率向上に少しでも貢献できる情報を提供してまいります❗

目次

Windows11の電源モード(バッテリーモード)

Windows11の電源モード(バッテリーモード)には3パターンあります。

  1. トップクラスの電力効率
  2. バランス
  3. 最適なパフォーマンス

トップクラスの電力効率は「省電力モード、消費電力を抑えるモード」、バランスは「消費電力と処理パフォーマンスのバランスを取るモード」、最適なパフォーマンスは「処理するパフォーマンスを優先するモード」になります。

バッテリーの消費が大きい場合は設定を見直すことで改善する可能性があります。またバッテリー節約機能を有効にすることでバッテリー消費を抑えることができます。

それではバッテリーの設定を見ていきましょう。

電源ボタンを押したときの動作変更については下記の記事をご覧ください。

【Windows 11】電源ボタンを押した時の動作の変更方法

Windows11の電源モード変更方法

Windows11の電源モード(バッテリーモード)へのアクセス方法を紹介します。

STEP
電源オプション
電源オプションへ

Windowsスタートボタンを右クリックして電源オプションをクリックします。

STEP
電源とバッテリー
電源とバッテリー

電源とバッテリーで下へスクロールします。

STEP
電源とバッテリー
バッテリーの項目確認

電源とバッテリーの項目が表示されるためバッテリーをクリックします。

STEP
バッテリー
バッテリーの詳細設定

バッテリー節約機能を「今すぐオフにする」をクリックします。

バッテリー節約機能 | Microsoft

このバッテリー節約機能は、システムがバッテリーで動作しているときに電力を節約するのに役立ちます。 バッテリー節約機能がオンになっている場合は、一部の Windows 機能が無効になるか、異なった動作を行います。
ユーザーは、バッテリー レベルが特定の割合に達したときにバッテリー節約機能を有効にするよう選択できます。
Windows 10 デスクトップ エディション (Home、Pro、Enterprise、Education) では、バッテリーが 20% を下回ると自動的にバッテリー節約機能がオンになります。
Windows 10 Mobile では、バッテリーが 20% を下回ったときにバッテリー節約機能がオンになるようにする必要があります。

トップクラスの電力効率

トップクラスの電力効率モードへの変更方法。

電源設定(トップクラスの電力効率)

電源項目の電源モードにある「トップクラスの電力効率」へ変更します。

バランス

バランスモードへの変更方法。

電源設定(バランス)

電源項目の電源モードにある「バランス」へ変更します。

最適なパフォーマンス

最適なパフォーマンスへの変更方法。

トップクラスの電力効率(最適なパフォーマンス)

電源項目の電源モードにある「最適なパフォーマンス」へ変更します。

バッテリー節約機能を「今すぐオフにする」がクリックできない場合

今すぐにオフがない場合

バッテリー節約機能を「今すぐオフにする」がグレーアウトしてクリックできない場合は電源ケーブルを抜いて変更できるか確認してください。

バッテリー節約機能をオンにする

バッテリー節約をオン

バッテリー節約機能を「今すぐ有効にする」を選択すると電源モードが自動的に設定されます。

またバッテリー節約機能を有効にすると「トップクラスの電力効率、バランス、最適なパフォーマンス」の設定が行えないため注意ください。

本記事ではバッテリーの設定方法を紹介しました。電源モードのポイントは

  • トップクラスの電力効率は「省電力モード、消費電力を抑えるモード」
  • バランスは「消費電力と処理パフォーマンスのバランスを取るモード」
  • 最適なパフォーマンスは「処理するパフォーマンスを優先するモード」

になります。

おすすめの周辺機器

バッテリーを長持ちさせるための設定方法を説明しましたが、よりバッテリーを長持ちさせるために、モバイルバッテリーがあると安心です。こちらではパソコン用のモバイルバッテリーを紹介します。スマホ用では出力が足りず充電できないため注意してください。

まとめ

こちらではWindows 11における電源モード(バッテリーモード)の変更方法について詳しく解説しました。バッテリー節約機能を使用することでバッテリーの持ちを向上させることができますが、その代わりにパフォーマンスが犠牲になることもあります。

バランスを取ることが重要ですが、外出先でバッテリーを気にする場合はバッテリー節約機能をオンにすることをおすすめします。また、バックグラウンドアプリ無効化も動作の軽量化に寄与することがあります。

最後に、バッテリーの持ちを良くするための設定方法や注意点をまとめて紹介しました。バッテリーの設定を適切に行うことで、効率的な使用が可能となります。お役立ていただければ幸いです。

※この情報は記事執筆時点のものであり、現在の状況と異なる場合がありますので、ご了承ください。

ちんあなご

最後までご覧いただきありがとうございます。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次