【Windows 11】電源ボタンを押した時の動作の変更方法

Windows11の電源ボタンを押したときの動作変更方法とノートパソコンを閉じた時の動作変更方法を紹介します。

目次

電源ボタンを押したときの動作

Windows11では電源ボタンやスリープボタンを押したときの動作を設定することが可能です。

電源ボタンの動作の種類
  1. 何もしない
  2. スリープ状態
  3. シャットダウン
  4. ディスプレイの電源を切る

またノートパソコンを利用している場合は、ノートパソコン(カバー)を閉じたときの動作も変更可能となります。

事前に設定することで便利に利用することが出来るためお好みの設定へ変更することをおすすめします。

それでは電源ボタンを押したときの動作変更をみていきましょう。

電源ボタンを押したときの動作の変更方法

電源ボタンを押したときの動作の設定及び変更はコントロールパネルからアクセスします。

コントロールパネル

STEP
コントロール

スタートメニューの検索フォームに「コントロール」と入力して、「コントロールパネル」のアプリをクリックします。

STEP
すべてのコントロールパネル項目

すべてのコントロールパネル項目で表示方法を「大きいアイコン」へ変更して、電源オプションをクリックします。

STEP
電源オプション

電源オプション内の「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

STEP
システム設定

システム設定内に「電源とスリープボタンおよびカバーの設定」が表示されます。

ノートパソコン利用時のみ「カバーを閉じたときの動作」の項目が表示されます

電源ボタンを押したときの動作の変更できない場合

電源ボタンを押したときの動作の変更ができない場合は設定を変更できるように許可する必要があります。

現在利用可能ではない設定を変更します

現在利用可能ではない設定を変更しますをクリックします。

許可しますか?などを求められたら許可を行ってください。

「現在利用可能ではない設定を変更します」クリック後

「現在利用可能ではない設定を変更します」クリック後は変更することが可能になっていますので確認してください。

電源ボタンを押したときの動作の種類

電源ボタンを押したときの動作とスリープボタンを押したときの動作、カバーを閉じたときの動作の種類(選択肢)があります。

各動作を変更後は「変更の保存」をクリックして保存をしてください。

関連リスト

Windows11のネットワーク設定

Windows11のおすすめ設定

Windows11のバックアップにおすすめ

おすすめの記事

  • URLをコピーしました!
目次