【Windows11】USBメモリは安全な取り外し不要?|実はそのまま抜いても大丈夫なんです!

Windows11でUSBメモリを抜くタイミングを知っていますか?初期設定ではタスクトレイ(システムトレイ)から「安全な取り外し」を行う必要はありません。

正確にはWindows10から初期設定では「安全な取り外し」を行わなくても大丈夫です。

chick

USBメモリの取り外しするたびに「安全な取り外し」をするのが面倒だね~

rabbit

実はWindows10から安全な取り外しの必要なくなったんだよ

chick

え~!毎回安全な取り外ししていたよ

rabbit

初期設定で安全な取り外しは不要になったけど、設定項目から確認できるから念のため確認してみよう♪

通常は初期設定で安全な取り外しが不要な「クイック取り外し(既定)」となっています。今回は「クイック取り外し(既定)」が有効となっているか確認する方法を解説します。

目次

USBメモリは抜くタイミング

Windows10やWndows11でUSBメモリの安全な取り外しは不要ですが、USBメモリのファイルのコピーなどを行っている場合にUSBメモリを抜くとファイルが壊れる原因となります。

下記の画像のようにUSBメモリにアクセス中の場合はUSBメモリのLEDライトが点滅します。

それではUSBメモリの安全な取り外しについて図解で説明します。

USBメモリ|クイック取り外し(既定)

USBメモリをいきなり取り外し可能な状態にするために「クイック取り外し(既定)」の設定が有効になっているか確認する必要があります。初期設定では有効になっていますが、設定が有効になっているか確認しましょう。

STEP
デバイスマネージャー
  1. Windowsスタートメニューを右クリックします。
  2. 次にデバイスマネージャーをクリックします。
STEP
デバイスマネージャー起動
  1. デバイスマネージャーが起動します。
STEP
スポンサーリンク
STEP
USBメモリ
  1. USBメモリを確認します。
  2. 上記では「ディスクドライブ」内にUSBメモリがあります。
STEP
USBメモリのプロパティ
  1. 「SanDisk Extreme USB Device」上で右クリックします。
  2. 次に「プロパティ」をクリックします。
STEP
クイック取り外し(既定)
  1. プロパティの設定画面で「ポリシー」をクリックします。
  2. 取り外しポリシーで「クイック取り外し(既定)」にチェックが入っていることを確認します。
  3. 説明書きに記載があります。「デバイス上とWindowsでの書き込みキャッシュを無効にします。ただし「安全な取り外し」通知アイコンを使わなくてもデバイスを安全に切断できます。」
rabbit

安全な取り外しをポチっとする手間がないだけでも楽ですね😊

  • URLをコピーしました!
目次