Windows11のスクリーンセーバーの簡単設定方法|画像を使って解説

Windows11のスクリーンセーバーの設定について紹介します。

ブラウン管ディスプレイは静止画などの同じ画像や映像を長時間表示していると、ディスプレイに焼きつきを起こしてしまうことがありました。

そのディスプレイの焼きつきを防ぐために使われた機能がスクリーンセーバーとなります。

現在は液晶ディスプレイが主流のためスクリーンセーバーが使われないことが多いです。

panda

Windows11ではスクリーンセーバーの機能は標準でOFFになってます

スクリーンセーバーのレジストリを使った編集方法については下記のMicrosoftページを確認ください

この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。

Windows でログオン スクリーン セーバーを変更する方法|Microsoft
目次

スクリーンセーバーの設定

画像メインでスクリーンセーバーの設定を紹介します。簡単なのですぐに覚えられます。

STEP
個人用設定
  1. デスクトップ上で右クリックします。
  2. 個人用設定をクリックします。
STEP
ロック画面
  1. 個人用設定で画面をスクロースします。
  2. ロック画面をクリックします。
STEP
スクリーンセーバー
  1. ロック画面の設定でスクロールします。
  2. スクリーンセーバーをクリックします。
STEP
1.スクリーンセーバーの設定
  1. スクリーンセーバーで設定します。
STEP
2.スクリーンセーバーの設定
  1. スクリーンセーバー(S)

・(なし)
・3D テキスト → 設定項目有
・バブル
・ブランク
・ラインアート
・リボン
・写真 → 設定項目有

panda

以降のスクリーンセーバーの設定は「3D テキスト」と「写真」を紹介します。

STEP
スポンサーリンク
STEP
3.スクリーンセーバーの設定
  1. スクリーンセーバー(S)を選択して設定をクリックします。
STEP
4.スクリーンセーバーの設定
  1. 「テキスト」や「アニメーション」、「表面のスタイル」が変更可能です。
STEP
5.スクリーンセーバーの設定
  1. スクリーンセーバーで写真を選択して設定をクリックします。
STEP
6.スクリーンセーバーの設定
  1. ピクチャの参照をクリックします。
  2. ※スライドショーの速度の設定も行えます。
STEP
7.スクリーンセーバーの設定
  1. 写真や画像のフォルダを選択して、オリジナルのスライショーが再生できます。
STEP
8.スクリーンセーバーの設定
  1. 待ち時間」や「再開時にログオン画面に戻る(R)」の設定変更をすることができます。
panda

再開時にログオン画面に戻る(R)」は待ち時間後にスクリーンセーバーが流れてログイン画面に戻ります。

  • URLをコピーしました!
目次