エクセルの関数で大文字・小文字・英字などを統一する方法|関数で簡単便利に

エクセル(Excel)で文字を入力した時に全角や半角、大文字や小文字などが色々な文字で入力されていることがありませんか?

今回は関数を使った文字の統一について紹介します。

chick

共有で使用しているエクセル表などで大文字小文字がごちゃとしていて直したいんだけど…大変…

rabbit

そういう時は関数を使うことをおすすめするよ。とても簡単なので直ぐに覚えられるよ

YouTubeにも操作方法をアップロードしていますので良ければ閲覧ください。

大文字や小文字の詳細については下記のマイクロソフトのサイトへアクセスください。

小文字
Word とは異なり、Excel には [文字種の変換] ボタンがありません。テキストを小文字に変換する (BOB JONES や Bob Jones を bob jones に変換するなど) には、LOWER 関数を使います。関数を使うことのメリットは、列全体のテキストの大文字と小文字を一度に変更できることです。次の例は、このしくみを示しています。

大文字
Word とは異なり、Excel には [文字種の変換] ボタンがありません。テキストを大文字に変換する (bob jones や Bob Jones を BOB JONES に変換するなど) には、UPPER 関数を使います。関数を使うことのメリットは、列全体のテキストの大文字と小文字を一度に変更できることです。次の例は、このしくみを示しています。

Excel でテキストの大文字と小文字を変更する|Microsoft

それではエクセル(Excel)の文字統一について見ていきましょう。

目次

エクセルの関数で大文字・小文字・英字などへ

大文字や小文字、全角や半角への関数を使った統一は上記の画像のように行ってます。

変更前の値を列ごとに全角半角英大文字英小文字先頭文字のみ大文字へ変更などを関数を使って行います。

それでは一つずつ解説していきます。

関数(すべて全角へ)

STEP
全角関数(=JIS())
  1. 全角には「=JIS()」を使用します。
  2. 上記では「=JIS(B6)」を入力します。
STEP
すべて全角へ
  1. 関数をセットすると半角や英大文字、英小文字や英字が全角となりました。
STEP
スポンサーリンク
chick

全角で統一する場合の関数は「JIS()」ですね

関数(すべて半角へ)

STEP
半角関数(=ASC())
  1. 全角には「=ASC()」を使用します。
  2. 上記では「=ASC(B6)」を入力します。
STEP
すべて半角へ
  1. 関数をセットすると全角が半角へ変更となりました。
STEP
スポンサーリンク
chick

半角で統一する場合の関数は「ASC()」を使います

関数(すべて英大文字へ)

STEP
英大文字関数(=UPPER())
  1. 全角には「=UPPER()」を使用します。
  2. 上記では「=UPPER(B6)」を入力します。
STEP
すべて英大文字へ
  1. 関数をセットすると英小文字が英大文字へ変更となりました。
STEP
スポンサーリンク
chick

英大文字で統一する場合の関数は「UPPER()」を使うと簡単です

関数(すべて英小文字へ)

STEP
英小文字関数(=LOWER())
  1. 全角には「=LOWER()」を使用します。
  2. 上記では「=LOWER(B6)」を入力します。
STEP
すべて英小文字へ
  1. 関数をセットすると英大文字と英字が英小文字へ変更となりました。
STEP
スポンサーリンク
chick

英小文字で統一する場合の関数は「LOWER()」で簡単おすすめ

関数(すべて英字(1文字目を大文字)へ)

STEP
英字先頭文字関数(=PROPER())
  1. 全角には「=PROPER()」を使用します。
  2. 上記では「=PROPER(B6)」を入力します。
STEP
すべて英字(1文字目を大文字)へ
  1. 関数をセットすると英大文字・英小文字・英字が1文字目が大文字となりました。
STEP
スポンサーリンク
chick

英字(1文字目を大文字)で統一する場合の関数は「PROPER()」でOKです

おすすめ関連リスト

  • URLをコピーしました!
目次