エクセルの足し算をとびとびで計算する方法|SUM関数や記号(+)の使い方も

エクセル(Excel)の足し算をとびとびで計算する方法SUM関数を使う方法記号(+)を使う方法など説明します。

また一時的に合計値が知りたい場合は関数などを使わずに「Ctrl」キーを使いながらセルを指定するだけで合計値が表示されます。

今回エクセル(Excel)の足し算を説明するのは

  • とびとびで足し算する方法
  • SUM関数の使い方
  • 記号(+)を使った方法

を紹介します。それでは見ていきましょう。

chick

少し足し算するだけなのに関数(SUM)を使用するのはちょっと…

rabbit

SUM関数を使わずに足し算するには「+」を使用するんだよ。簡易的に使用する場合は便利だよ

SUM関数について詳細を確認したい場合は下記へアクセスください。

SUM 関数は値を追加します。 個々の値、セル参照、セル範囲、またはこれらすべての組み合わせを加算できます。

SUM 関数|Microsoft
目次

エクセルの足し算について

エクセル(Excel)の足し算にはいくつか方法があります。

エクセルの足し算
  • 「+」を使用する
  • エクセル表の右下で確認する
  • SUM関数を使用する

エクセルの足し算について色々な方法を紹介しています。それでは見ていきましょう。

エクセルの足し算「+について」

  1. 「+」を使用する時に「=」を先頭に下記のように記載します。
  2. 「=C4+C5+C6+C7+C8+C9+C10」

SUM関数を使用するまでもない場合は「+」で十分です。

エクセルのセルを指定して合計値の確認

エクセルのセルに数値が入力されている場合は数値の入っているセルを指定すると合計値が自動で表示されます。これはとびとびでも足し算が計算されて合計値が表示されるためとても便利です。

  1. 「C4~C10」までセルを選択します。
  2. エクセルの画面右下に「合計:11」と表示されます。
  1. 「Ctrl」キーを押して対象のセルを指定します。
  2. 上記例では「F4」「F6」「F9」のセルを指定しました。
  3. 合計値が画面下枠に自動で表示されます。
chick

「+」やSUM関数も使わずに合計値がわかるなんてとても便利!

SUM関数の使い方

STEP
SUM関数
  1. 「D11」にセルがある状態で「fx」をクリックします。
STEP
関数の挿入
  1. 関数名(SUM)をクリックします。
  2. 次にOKをクリックします。
STEP
関数の引数
  1. 「D4:D10」と指定されることを確認します。
  2. ※「D4:D10」が表示されてない場合は入力してください。
  3. 次に「OK」をクリックします。
STEP
合計値(SUM関数)
  1. 「D11」セルに「=SUM(D4:D10)」と表示されます。
  2. 合計値が表示されたことを確認します。
STEP
スポンサーリンク

SUM関数のとびとび計算

SUM関数をとびとび計算します。ポイントは対象のセルを選択後カンマ(,)で区切ることです。とても簡単なのですぐに使えるようになると思います。

STEP
SUM関数
  1. 「=SUM」と入力します。
STEP
数値1
  1. 数値1のセル「F4,」を指定します。
  2. 「F4」の後にカンマ(,)で区切ります。
STEP
数値2
  1. 数値2も同様に「F6,」の形で入力します。
STEP
合計
  1. 対象のセルを選択後にカッコを閉じると合計値が表示されます。

SUM関数のショートカット

STEP
ショートカットで呼び出し
  1. 「E11」のセルに移動します。
  2. SUM関数のショートカットキーを入力します。
  3. ショートカットキー「Shift + Alt + =」を押します。
  4. 「E11」に「=SUM(E4:E10)」と表示されます。
STEP
SUM合計値
  1. 「E11」に合計値に表示されます。
STEP
スポンサーリンク
chick

ショートカットキーで呼び出しできるのは良いかも😊

エクセルの四則演算については宜しければご覧ください

  • URLをコピーしました!
目次