【Windows 11】アップデートできない時の対応方法について

Windows11のアップデートで「セットアップを使用してUSBフラッシュドライブにWindowsをインストールすることは出来ません」の対応方法について紹介しています。

問題が発生しました。エラーコード「0xc1900201」の場合も下記の手順を試してみてください。

目次

22H2へのアップデートエラー

今回は22H2へのアップデート時にエラーが表示されてしまい、スムーズにアップデートが出来なかったため解決方法を調べることになりました。

  • セットアップを使用してUSBフラッシュドライブにWindowsをインストールすることは出来ません
  • エラーコード 0xc1900201

上記のメッセージが表示された場合に試してみてください。

それでは見ていきましょう。

レジストリのバックアップ

レジストリを操作するため、作業前にレジストリのバックアップをおすすめします。下記記事を参考にしてください。

レジストリエディターの起動

  1. 検索フォームを起動します。
  2. レジストリと入力します。
  3. レジストリエディターのアプリをクリックします。

レジストリエディターのユーザーアカウント制御

  1. ユーザーアカウント制御が起動します。
  2. はいをクリックします。

レジストリエディターの操作

  1. コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control」に移動します。
  2. PortableOperatingSystem」をダブルクリックします。

DWORD(32ビット)値の編集

  1. 「値のデータ」の初期値は「1」になっています。
  1. 「値のデータ」を「0」に変更します。
  2. OK」をクリックします。

レジストリ編集後は再起動

レジストリエディターの編集を行った場合はパソコンの再起動を行います。

再起動後にWIndowsアップデートを試してください。

関連記事リスト

Windows11のネットワーク設定

Windows11のおすすめ設定

Windows11のバックアップにおすすめ

  • URLをコピーしました!
目次