【Windows11】簡単にエクスプローラーを開く方法

Windows11のエクスプローラーが表示されていない時の開く方法を紹介します。

エクスプローラーはファイルやフォルダの管理やデスクトップやドキュメント、ダウンロードのフォルダの移動に使用されます。

そのほかにもアプリの実行など多岐にわたるためエクスプローラーが見当たらない時にショートカットキーを使った方法などですぐにエクスプローラーを起動できるようにすると便利です。

またエクスプローラーを開く方法はいくつもあるためご自身の使いやすい方法で使用することをおすすめします。

Windows11で共有フォルダにアクセスできなくなった場合におすすめ内容です。解決方法を紹介しているのでよろしければアクセスください。

目次

「すべてのアプリ」から開く方法

「すべてのアプリ」から開く方法を紹介します。Windows11を初めて起動した際や、エクスプローラーのショートカット再作成などに使用すると思います。

STEP
「すべてのアプリ」より

①windowsスタートボタンをクリックして、②「すべてのアプリ」をクリックします。

STEP

あ行の「エクスプローラー」を起動します。

STEP

エクスプローラーが起動します。

エクスプローラーを起動したことがない場合や、ショートカット再作成時に使用することが多いと思います。

タスクバーから「エクスプローラー」を開く方法(エクスプローラーを開いている場合)

タスクバーから「エクスプローラー」を開くには事前にタスクバーに「エクスプローラー」をピン留めする必要があります。そのため「エクスプローラー」のピン留めの方法を紹介します。

STEP
既に「エクスプローラー」を開いている場合

「エクスプローラー」を開いている場合は、タスクバーに表示されている「エクスプローラー」を右クリックして「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

STEP

ピン留めすると、今後はタスクバーから「エクスプローラー」を起動することができます。

タスクバーから「エクスプローラー」を開く方法(エクスプローラーを初めて開く場合)

STEP
エクスプローラーを開いてない場合

「すべてのアプリ」の①「エクスプローラー」を右クリックして、②詳細より、③「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

STEP

「タスクバーにピン留め」にピン留めされます。

キーボードショートカットから開く方法

キーボードショートカットからも「エクスプローラー」を開くことが可能です。

STEP
キーボードショートカットから開く

キーボード上の「Windowsロゴキー」を押して次に「E」キーを押します。

STEP

このような形で「エクスプローラー」が開きます。

キーボードショートカットからコマンドを使用して開く方法

キーボードショートカットから「ファイル名を指定して実行」のプログラムを呼び出して、「エクスプローラー」を開くことが可能です。

STEP
コマンド呼び出し

キーボード上の「Windowsロゴキー」を押して次に「R」キーを押します。

STEP

「ファイル名を指定して実行」のプログラム上で「explorer」と入力して「OK」をクリックすると「エクスプローラー」が開きます。

このような形でWindows11で「エクスプローラー」を開く方法はいくつもあるため、色々な方法を覚えておくと役立ちます。

関連記事リスト

Windows11のネットワーク設定

Windows11のおすすめ設定

Windows11のバックアップにおすすめ

  • URLをコピーしました!
目次