\\ Amazon プライムデー 16日、17日セール //

Windows11でノートパソコンを閉じてもスリープさせない方法

Windows11では、ノートパソコンを閉じた際にスリープさせない設定を行うことが可能です。

この記事では、ノートパソコンを閉じたときにスリープさせない方法について、具体的な手順を初心者向けに解説します。また、設定方法を紹介する前に、他の電源オプションについても簡単に触れます。

目次

1. Windows11でのスリープに関する基本知識

Windows11では、ノートパソコンのカバーを閉じた際の動作はデフォルトでスリープ状態に移行します。スリープ状態にすると、消費電力が抑えられ、バッテリーの消耗を防ぐことができます。

2. ノートパソコンを閉じたときの動作について

ノートパソコンを閉じたときの動作は、通常Windowsの設定によりスリープ状態に移行します。スリープ状態では、システムは一時的に停止され、消費電力が抑えられるため、バッテリーの消耗を抑えることができます。また、カバーを開くとすぐに復帰できるため、利便性に優れています。

3. 電源ボタンを押してシャットダウンする方法

  1. スタートボタンをクリックし、[電源]アイコンをクリックします。
  2. 表示されたメニューから[シャットダウン]を選択します。
  3. シャットダウンの確認画面が表示されたら、[OK]または[はい]をクリックしてシャットダウンします。

4. 電源ボタンを長押ししてシャットダウンする方法

一部のノートパソコンでは、電源ボタンを長押しすることで強制的にシャットダウンできる場合があります。この方法は、通常のシャットダウンがうまく動作しない場合や、操作がフリーズした場合などに利用されます。ただし、長押しによるシャットダウンは強制的な処理なので、普段の操作では使わないようにしましょう。

5. 注意

いずれの方法でも、シャットダウンを行う前には重要なデータの保存を忘れずに行いましょう。特に長押しによる強制的なシャットダウンは、突然の電源断でデータの破損が発生する可能性があるため、データの保存を最優先にしてください。

6. ノートパソコンを閉じてもスリープさせない設定方法

  1. 「コントロールパネル」を開く
    スタートメニューから「コントロールパネル」を検索し、見つかったアイコンをダブルクリックします。
  2. 表示方法を確認する
    コントロールパネルが開いたら、「表示方法」が「カテゴリ」になっていることを確認します。もし「表示方法」が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」になっている場合は、上部にある▼をクリックして、「カテゴリ」を選択してください。
  3. 「電源ボタンの動作の変更」を選択する
    「ハードウェアとサウンド」の項目に移動し、「電源オプション」をクリックします。
  4. カバーを閉じたときの動作を変更する
    「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」画面が表示されます。ここで、「カバーを閉じたときの動作」の欄にある「バッテリ駆動」のボックスをクリックします。
  5. 「何もしない」を選択する
    表示された一覧から「何もしない」をクリックします。次に、「電源に接続」の欄からも「何もしない」を選択します。
  6. 設定を保存する
    変更を保存するために「変更の保存」をクリックします。
  7. 画面を閉じる
    画面右上の「×」(閉じる)をクリックして、設定画面をすべて閉じます。

これで設定が完了しました。ノートパソコンのカバーを閉じたときにはスリープ状態にならず、設定した通りに動作することを確認してください。

7. Q&A: ノートパソコンのカバーを閉じたときの動作について

Q: ノートパソコンのカバーを閉じたときの動作をスリープ以外に変更する必要がありますか?

A: スリープ以外の動作を希望する場合は、特定の状況に応じて変更することができます。例えば、カバーを閉じたときに電源を完全に切りたい場合や、カバーを閉じたままでも特定のアプリやタスクを実行したい場合などです。

Q: ノートパソコンのカバーを閉じたときの動作をスリープ以外に変更することでメリットはありますか?

A: スリープ以外の動作に変更することで、電源を節約できる場合があります。例えば、カバーを閉じたときにシャットダウンする設定にすると、バッテリーの消耗を防ぎながらカバーを開いたときにすぐに使用できるようになります。ただし、特定のタスクやアプリをバックグラウンドで実行したい場合には注意が必要です。

Q: ノートパソコンのカバーを閉じたときの動作を変更した後、設定を戻す方法を教えてください。

A: 設定を戻すには再度「電源ボタンの動作の変更」にアクセスし、カバーを閉じたときの動作の設定を元に戻します。スリープに戻す場合は、対応するオプションを「スリープ」に変更し、「変更の保存」をクリックして設定を保存します。

8. まとめ

この記事では、Windows 11でノートパソコンを閉じたときの動作を変更する方法について詳しく解説しました。ユーザーは「コントロールパネル」から電源オプションを設定し、「カバーを閉じたときの動作」を「何もしない」に変更することで、スリープさせずに動作するようにカスタマイズできます。

ちんあなご

最後までご覧いただきありがとうございます🎵

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

アップロードファイルの最大サイズ: 2 MB。 画像 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

目次